2歳になったら三輪車? それともストライダー?

我が娘は今年の1月で2歳になりました。

誕生日プレゼントは「三輪車がいいかな!」
って思っていました。

嫁に「三輪車にしよっか?」と言った所、
「ストライダーのほうがいいのでは?」
と言われました。

インターネットで調べていると、「三輪車」と「ストライダー」のどちらにするか迷われてる方がたくさんいました。

■スポンサードリンク

ストライダーって何?

私が小さい時に「ストライダー」はありませんでした。

最近はすごく人気で、友人の子供もストライダーに乗っていました。

ストライダーとは、ペダルがない自転車です。

足で地面を蹴って進みます。

ブレーキもなく、止まる時は足でブレーキをかけます。

握力や脚力があまりない子どもでも自由自在に動き回ることができます。

ストライダーはアメリカで生まれた乗り物です。

ストライダーの対象年齢は、2歳〜5歳になります。

ストライダーのメリットは?

体重移動で曲がることができるので、バランス感覚や集中力が自然と身に付きます。

バランス感覚を養うことができるストライダーを乗っていると、
自転車に乗れるようになるのが早いと言われています。

■スポンサードリンク

 

ストライダーのデメリットとは?

ストライダーにはブレーキがついていません。

2歳くらいのお子さんがブレーキレバーを握る握力がまだ備わってなかったり、
もし、ブレーキがついていたとしても、
止まろうと思ったときに、とっさに手でブレーキをかけることを理解するのは難しいと思いますが。

平坦な道ではまだ安心ですが、坂道が多い所では、スピードが出てしまうことが懸念であります。

転倒して、お子さんが怪我をする可能性がありますし、
他の人にぶつかって怪我をさせてしまう可能性もあります。

ストライダーの重さは約3Kgです。

普通の自転車の重さは10〜12Kgです。

ストライダーと自転車とでは、約4倍ほど重さに差があります。

ストライダーではスイスイ乗りこなせても、
普通の自転車になると、重さの差でバランスを取るのに悪戦苦闘してしまうということを聞きます。

やっぱり三輪車がいい?

三輪車はストライダーと比べると、もう少し早い時期から乗せれることができます。

1歳半頃から三輪車に乗せている方もいます。

お子さんがヨチヨチ歩きを始めて、
少しぐらい経てば、三輪車に乗せることができます。

ストライダーより少し早いですね。

でも、三輪車に乗る期間は短いだろうし、やっぱりストライダーかな!って思ったり、
数日間考えていました。

最終的にプレゼントで選択したのは!

インターネットで調べて見た所、すごくいいものを見つけました。

それは、「三輪車」と「ストライダー」に変身させることができる、
「へんしん サンライダー」というものです。

「へんしん サンライダー」は「ペダルなし 三輪車」、
「ペダルあり 三輪車」と「ストライダー」の3種類に変身が可能です。

これを見て即決でした。

「へんしん サンライダー」の詳細は下記リンクよりご確認いただけます。

 

 

 

最後に

今は「ペダルなし 三輪車」にしています。

自分で地面をけってスイスイ進んで、楽しそうです。

買ってよかったと思いました。

近い内に「ストライダー」にしてみようと思っております。

「ストライダー」の時はヘルメットがいるかなと思い、
アンパンマンのヘルメットをいっしょに購入しました。

「へんしん サンライダー」は自分でハンドルやタイヤを組み立てる必要がありますが、
簡単に組み立てることができます。

ピンク色を買ったのですが、デザイン気に入っています。

■スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ