赤ちゃんの熱中症対策! 夜寝てる時も気をつけて!

赤ちゃんは大人と違って温度調節ができないため、
これから暑くなってくると特に「熱中症」に気をつけないといけません。

昼は気をつけている方は多いと思います。

でも、夜寝てる時も、熱中症になる可能性があります。

我が家も、寝てる娘を見ると汗をかいてることがありました。

早急に熱中症の対策をしました。

■スポンサードリンク

夜寝ている赤ちゃんの熱中症対策は?

夜、一緒に寝てて、起きると子供の様子がおかしい!

病院に連れて行くと、熱中症と診断されるという事例がこれからの時期増えてきます。

赤ちゃんは大人と比べると体温が高く、
汗をかきやすいため、特に注意が必要です。

これから夏に向けては、 扇風機やエアコンをいれるなどして、室内の温度調節を工夫しましょう。

エアコンが熱中症対策に?

夏に寝苦しいとエアコンをつけることがあると思います。

僕達、大人が寝苦しいということは、
体温が高い赤ちゃんはもっと寝苦しいわけです。

大人にとっても、
赤ちゃんにとっても、
エアコンは夜寝る時に欠かすことができないアイテムです。

「エアコンをつけると電気代が!」
って思われるかもしれません。

でも、ここは自分の子のために気にせずいきたいものです。


■スポンサードリンク






エアコンの温度は?

エアコンの温度は高めに設定しましょう。

28°C設定が理想ですが、場に応じて27°C〜26°Cと調整しましょう。

エアコンはつけっぱなしでOK?

エアコンを2時間ぐらいのタイマーで使用している方がいるかもしれません。

しかし、タイマーが切れ、室内の温度が上がった時に「熱中症の危険」が潜んでいます。

エアコンをつけっぱなしは、カラダに悪いと思われるかもしれません。

しかし、エアコンをつけっぱなしを勧める、お医者さんもいます。

なぜなら、赤ちゃんは寝ている時に大量に汗をかきますし、
体温調整ができない赤ちゃんにとって、
エアコンをつけたり消したりするほうが良くないからです。

汗をかくと、あせもの原因にもなります。

「熱中症の対策」と「あせもの予防」として、
エアコンは使うようにしましょう。

起きて水分補給!

我が家は枕元にマグにお茶を入れて置いています。

娘は時折起きて水分補給をしています。

夜中にマグを確認し、少なくなっていると補給しています。

今も確認をしましたら、残り少なくなっていましたので、お茶を補給しました。

寝ている時は汗で水分が出ていくので、出てしまった分、
水分を補給させてあげることが大切です。

マグなどに水やお茶などをいれて、枕元に置いておいてあげましょう。

最後に

大人が暑いと感じていれば、
体温が高い赤ちゃんも我々以上に暑いと感じています。

暑いのを我慢して熱中症になってしまっては本末転倒です。

電気代が気になるかもしれませんが、
他のことを我慢してでも、赤ちゃんのためにエアコンを利用することをオススメします。

最適な室温にして、熱中症にならないように気をつけてあげましょう。

■スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ