娘の異変・・・そして緊急病院へ!

先週の日曜日(3/20)のこと。

朝8時過ぎに娘の泣き声で目が覚めました。

これはいつもあることでした。

すぐに寝そうな感じの娘。

まだ眠たいのかな!って思い寝かしつけました。

すぐに寝たのですが、
すぐに起きて、また寝そうな感じ・・・。

■スポンサードリンク

ぐずっていたこともあり、
「まだ眠い?」と僕と妻は思っていました。

僕は用事があり、
10時前に出掛けました。

娘のことは気がかりでした。

何度か妻にメールで確認したのですが、
同じ状態とのこと。

用事が終わり、11時半頃に帰宅しました。

眠そう?

元気がない感じがし、どこか悪いのかって思い始めました。

妻が近くのスーパーまで買い物に出掛け、
しばらくすると娘が起きました。

時間は12時前、寝たり起きたりを繰り返しており、
この日はまだ何も食べてない状態でした。


■スポンサードリンク






娘のご飯の準備はしていたので、
すぐに食べさせれる状態でした。

まずは、お茶を飲ませようと、
いつも娘が使っているマグにお茶を入れ上げた所、
一気に飲み干しました。

もうちょっと入れてあげようと思い、マグを持って台所へ。

お茶を入れていると、娘が歩いてきました。

台所手前で止まり、ふらついている・・・。

すぐに娘の所に行き、抱きしめました。

娘の手を握ると、握り返す力がないようで。

赤ちゃんと母親の手

妻に電話し、病院に連れて行くから、すぐに戻ってくるように伝えました。

娘を抱きしめたまま、
スマホで病院を検索。

日曜日ということもあり、
娘が産まれた病院が一番近いがしてない。

車で15分ほどで行ける、HAT神戸という所に、「神戸こども初期急病センター」という病院があることを知りました。

日曜日もしている。

妻が帰ってきたので、
家から歩いて3分ほどの所に駐車場があるのですが、
全速力で走って車を取りに行きました。

そして、神戸こども初期急病センターへ。

娘はまだ1歳2ヶ月。

まだ話すこともできません。

もっと早い段階で気づいておればと自分を責めました。

本当にゴメンね。

■スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ